close
1.

図書

図書
荻野美穂著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2014.3
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1476
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ダグマー・ヘルツォーク著 ; 川越修, 田野大輔, 荻野美穂訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2012.12
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
西川祐子, 荻野美穂編 ; トム・ギル [ほか] 著
出版情報: 京都 : 人文書院, 1999.10
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
川越修, 友部謙一編著
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2008.5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章: 生命リスクと二〇世紀社会 川越修著
第1章: 人口からみた生命リスク : 近世・近代日本における花柳病罹患とその帰結 友部謙一著
第2章: 乳児死亡というリスク : 第一次世界大戦前ドイツの乳児保護事業 中野智世著
第3章: 農村における産育の「問題化」 : 一九三〇年代の愛育事業と習俗の攻防 吉長真子著
第4章: 戦時「人口政策」の再検討 : 「人口政策確立要綱」の歴史的位相 高岡裕之著
第5章: 「生命のはじまり」をめぐるポリティクス : 妊娠中絶と「胎児」 荻野美穂著
第6章: 出産のリスク回避をめぐるポリティクス : 「施設化」・「医療化」がもたらしたもの 中山まき子著
第7章: 生命リスクと近代家族 : 一九六〇・一九七〇年代の西ドイツ社会 川越修著
序章: 生命リスクと二〇世紀社会 川越修著
第1章: 人口からみた生命リスク : 近世・近代日本における花柳病罹患とその帰結 友部謙一著
第2章: 乳児死亡というリスク : 第一次世界大戦前ドイツの乳児保護事業 中野智世著
5.

図書

図書
舘かおる編著
出版情報: 東京 : 作品社, 2008.4
シリーズ名: ジェンダー研究のフロンティア ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
エキゾチックな中絶薬 : 一八世紀大西洋世界における植物のジェンダー・ポリティクス ロンダ・シービンガー [著] ; 小川眞里子, 弓削尚子訳
シービンガーが切り拓く視座 : 植民地科学・ジェンダー・アグノトロジー 弓削尚子 [著]
科学言説と「女性」の構築 : E・クラークの女子高等教育論をめぐって 横山美和 [著]
科学技術の現場から : 工場法からテクノサイエンスまで 高橋さきの [著]
ウェブ世界の「ジェンダー」 舘かおる, 小山直子 [著]
ヨーロッパの科学研究におけるジェンダー平等の推進 ニコル・ドゥワンドル [著] ; 小川眞里子, 飯島亜衣訳
ヨーロッパにおける女性と科学政策について 小川眞里子 [著]
科学と技術におけるアジアの女性 小川眞里子 [著]
人口政策のストラテジー : 「産めよ殖やせよ」から「家族計画」へ 荻野美穂 [著]
少子化対策と特定不妊治療費助成事業 仙波由加里 [著]
身体・医療・ジェンダー 波平恵美子 [著]
生殖に関する人由来物質の資源化/材料化 : フランス「生命倫理法」における議論から 小門穂 [著]
研究用卵子提供の何が問題なのか : 韓国の黄禹錫論文捏造事件を中心に 洪賢秀 [著]
生殖技術と台湾社会 張瓊方 [著]
「女性にやさしい」機器のつくられ方 : 内診台を例にして 三村恭子 [ほか著]
DNA親子鑑定は「ふしだらな」女性にとっての救済策か? 武藤香織 [著]
「自分で決めた」という感覚の理論化に向けて 根村直美 [著]
生物医学に対するジェンダー・アプローチのフロンティア 柘植あづみ [著]
エキゾチックな中絶薬 : 一八世紀大西洋世界における植物のジェンダー・ポリティクス ロンダ・シービンガー [著] ; 小川眞里子, 弓削尚子訳
シービンガーが切り拓く視座 : 植民地科学・ジェンダー・アグノトロジー 弓削尚子 [著]
科学言説と「女性」の構築 : E・クラークの女子高等教育論をめぐって 横山美和 [著]
6.

図書

図書
荻野美穂編著
出版情報: 東京 : 青弓社, 2009.1
シリーズ名: 日本学叢書 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
元旦紙面にみる天皇一家像の形成 北原恵
和服改良論と「女性美」 : 明治後期の女性の服装とその規範性をめぐって 小山有子
文明化と“男らしさ"の再構築 : 一九一〇年代の「廓清」に見る性欲論 林葉子
一九二〇年の「男性美」 : 「日本及日本人」の誌面から 荻野美穂
『半男女考』 : 宮武外骨と大正時代の両性の接近 テレサ・アルゴソ
日本初のサイボーグ? : ミス・ニッポンと優生学と戦時下の身体 ジェニファー・ロバートソン, 荻野美穂訳
M検の言説史・戦後篇 : あるいは男性身体の“侵襲的"経験はどのようにして忘却されるか 澁谷知美
“娘"をめぐる欲望 : 宝塚の娘役についての一考察 松本理沙
まだ始まっていないこと、あるいはノラの奇蹟について 冨山一郎
元旦紙面にみる天皇一家像の形成 北原恵
和服改良論と「女性美」 : 明治後期の女性の服装とその規範性をめぐって 小山有子
文明化と“男らしさ"の再構築 : 一九一〇年代の「廓清」に見る性欲論 林葉子
7.

図書

図書
荻野美穂著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2008.10
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
荻野美穂著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2002.2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
性差を持つ身体の構築
性差の歴史学 : 女性史の再生のために
産むも地獄、産まぬも地獄の……
身体史の射程 : あるいは、何のために身体を語るのか
女の解剖学 : 近代的身体の成立
フェミニズムと生物学 : ヴィクトリア時代の性差論
男の性と生殖 : 男性身体の語り方
子殺しの論理と倫理 : ヨーロッパ社会史をもとに
「堕ちた女たち」 : 虚構と実像
性の衛生学 : ヴィクトリア朝の買売春と性病
美と健康という病 : ジェンダーと身体管理のオブセッション
性差を持つ身体の構築
性差の歴史学 : 女性史の再生のために
産むも地獄、産まぬも地獄の……
9.

図書

図書
荻野美穂著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.4
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
ジョーン・W. スコット著 ; 荻野美穂訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 1992.5
シリーズ名: テオリア叢書
所蔵情報: loading…